3.そのストレッチ、間違ってますよ!:2


「そのストレッチ、間違ってますよ! パート1」では、
スポーツ前のストレッチについてお話しました。







「そのストレッチ、間違ってますよ! パート2」では、
スポーツ後のストレッチについてお話したいと思います。







では、先ほどと同じように、
まずはスポーツ後のストレッチの役割を知っておきましょう。







このストレッチの役割は、
身体を休め、回復を早くする
筋肉を伸ばし、柔軟性を高める
これらの役割があります。








「筋肉を伸ばして、柔軟性が高まった」結果、
「痛みがやわらげられる」のです。







運動後の筋肉は、激しい動きで疲れていて、
硬くなってしまっています。







この「硬い状態」のまま放っておくと、身体が硬くなり、
血行も悪くなってしまいます。
血行が悪くなるのは、痛みを悪化させる原因になってしまうのです。







血行を良くして、身体を早く回復させるためにも、
痛みをやわらげるためにも、
スポーツ後のストレッチは重要になってきます。








また、ストレッチをするタイミングですが、
できれば痛みが出る前に、つまり、
スポーツが終わったら
すぐにストレッチ
をするようにしましょう。







直後は、まだ筋肉は硬くなっていないので、
その間に伸ばして、柔らかくしておくのです。







そうすることで痛みを予防したり、
軽くしたりすることが出来ます。







ここでのストレッチのやり方は、今までと同じです。
ゆっくりと、時間を欠けて、
徐々に伸ばしていくようにしましょう








グーーーっと伸ばすつもりで、
約5秒静止
するのを目安にしてください。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/98207174

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。